ワールドカップで日本代表は目標達成出来るのか?

試合に勝った翌日は、気分がいいですね(6/20日に書いて、翌朝投稿されるように時間設定)。
もちろん肉体的な疲労感はありますが、精神的な疲労感が負けた時とは全然違います。
とは言っても今年でもう34歳なので、笑 しっかり自分の体と向き合って、今週末から再開されるリーグ戦に備えようと思います!!

6月は日本代表の活動期間で、Jリーグが中断していましたね。

マリノスは首位でハーフシーズン折り返し。怪我人が出ても、何のその。層の暑さ、ハードワーク、選手全員の戦術理解が素晴らしいように感じます。月1のコラムの方も、勝つ試合が多いのでとても楽しくさせてもらってます!!

ガンバは、怪我人が少しづつ戻ってきていますね。
僕がジェフ在籍時に大分と対戦しましたが、片野坂監督のサッカーは、相手の嫌な所をついてくる印象です。
前から奪いにくれば背後に、来なければボールを繋ぐ。シンプルですが、ピッチの全員が相手の考えを理解してプレーしなければいけません。試合を重ねていけばより精度は上がってくるのではないでしょうか。

そして何より、”宇佐美貴史” がまた楽しそうにサッカーしているのを見たいです。

ジェフは粘り強さが出てきた印象です。直近のゲームも追いついて引き分け。下位チームに取りこぼさず、負けを引き分けに、引き分けを勝ちに持っていければ、上に行けるのではないでしょうか!!

大宮は監督交代もあり、きっちりとチームの原点を思い出してプレーしているように感じました。
しっかりチーム全員で守って、速攻出来る時は速攻。ジェフ戦の終了間際の速攻は感動しました。点にこそなりませんでしたが、あの時間帯に相手ゴール前まで走り切る。ああいう気持ちが今後につながると思います!!

偉そうに書きましたが、どのチームも一緒にプレーした選手がいるので頑張ってほしいという事で、多めに見て下さい。笑

『日本代表の話いつすんねん!!』

という声がそろそろ聞こえてきそうなので、本題に戻ります。

ワールドカップで日本代表の目標は何なのか?

まず整理しておかなければいけないのは、目標は何なのか?という事です。

プレーする選手はもちろんどの試合も勝ちたいですし、そのために必死にプレーします!!
全部勝つ!! そう考えて当然ですし、そうじゃなきゃダメだと思います。
だけど今回は選手の気持ちは別で、考えてみたいと思います。


JFAの公式サイトを見ると、

“新しい景色を 2022”

と書いてあります。

新しい景色、見た事ない景色、すなわちベスト8ということになりますね。

ですので、

今回の目標 = ベスト8

と仮定して考えてみたいと思います。

6月の代表ウィークでは、約2週間で4試合が行われました。

試合の感想や試合分析などは日本代表OBの方々や諸先輩方がyoutubeやコラムなどでたくさん記事を出されているので割愛します。

僕は今回の、試合の日程に注目したいと思います。

何か気づく事はありましたか??勘の良い方はもうお気づきかもれませんね。

そう、

ワールドカップ本大会のベスト16 までの日程とほぼ同じですね。

対戦相手のレベルはもちろん違いますが、日程、体の疲労具合、コンディション調整などはシミュレーション出来たのではないでしょうか。

今回の4連戦、結果を見ると2勝2敗。

日程的にチュニジア戦がベスト16の試合に当たるので、
今回の結果では日本代表は新しい景色をまだ見る事ができませんでした。
海外組はシーズン終了後の長距離移動もかなりしんどかったのではないでしょうか。

どうすれば目標達成出来るのか?

これをすれば目標達成できます!! みたいなのは正直分かりません。

しかしそれでは話はまとまらないので、
僕なりに新しい景色を見る為に必要な事を、2つ挙げてみたいと思います。

  • 予選突破する為に割り切る事
  • ラッキーボーイの出現

まず1つ目ですが、予選を突破しなければ何も始まりません。
予選リーグの対戦相手は、ドイツ、コスタリカ、スペインです。かなり手強い相手です!!

予選グループの中から、上位2チームが決勝トーナメントに進出出来ます。

最低でも1勝1敗1分じゃないと、予選突破は厳しいです。
そう考えると、
ドイツかスペインどちらかと引き分け以上、
コスタリカには必勝(もちろん簡単ではないですが)。

これが必須条件になってきます。

予選リーグの中で、どこでパワーを使うか
試合の中で、何を捨てて何を得るのか この当たりがポイントかなと個人的に思います。

そして2つ目は、ラッキーボーイの出現!!
これもめちゃくちゃ大事な要素です。

ここでいうラッキーボーイは、ただただ運のいい奴という意味ではなくて、

“ワールドカップの時期にピークを持って来れた選手”

という事になります。

どういう事かというと、
ワールドカップの本大会は約1ヶ月の短期決戦。
尚且つ代表に選ばれないと、そもそもワールドカップには出られません。
この2つの事から逆算すると、

”ここからの半年間、どれだけピークの状態でいられるか”

さらにいうと、ピークを維持しつつ少しでも向上していかないといけません。
それが今代表に選ばれている選手なのか、はたまた選ばれていない選手なのか、それは誰にも分かりません。


そういう努力を積み上げて、努力が自信と実力に変わった選手がきっと生き残っていくんだと思います。
(僕は代表とは無縁だったので、そういう選手たちを観てきた中での感想です)

代表チームも段々と若い選手が出てきて、たくさんいた同い年も今はゴンちゃん(権田修一選手)とマヤ(吉田麻也選手)の二人だけに。
二人との出会いは中学年代の世代別代表の時で、ゴンちゃんは高校生の時からトップチームに帯同していたり、マヤは数年Jリーグでプレーし、その後ずっと海外のトップリーグでプレー。

そして今も日本の代表としてプレーしている。尊敬しかない。


そんな二人の活躍と共に日本代表が、

“新しい景色”

見せてくれる事を期待しています!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • おはようございます!
    ベスト16の日程とは!気づきませんでした!
    前回のも読んで思ったのですが、文章上手すぎませんか?笑
    面白い内容と文章なのですぐ読み終わってしまいます🤗
    また次を楽しみにしています!
    自分もnoteでたまに長文書いてみてますが全然面白くないので勉強になります🤗

    • コメントありがとうございます。
      文章を書く事はまだまだ勉強中ですが、そう言っていただけると嬉しいです!!
      相手に伝わる文章を書く。

      というのがこのブログを始めた理由の一つでもあるので、これからも頑張ります

よこ へ返信する コメントをキャンセル